ー7月ー

湿気まじ乙

皆様ごきげんよう、エルマよ!

7月に入ったわね。

エルマもエルマの仲間たちもこの時期は練習中、眉間にしわがよってるわ。

なぜなら私たち…

湿気が大嫌い!!!

unnamed-7

楽器奏者として不向きな季節なのよ、梅雨から夏は。

素敵な季節なのだけれど残念だわ。

ほぼ全ての楽器が湿気をうわ。演者は湿度と温度にこの時期はとっても敏感ね。

特に木材を使った楽器は湿気が悪魔のようになってこの時期は攻撃してくるの。

海外の奏者はまだマシだわ。

日本は高温多湿。とにかく最悪のコンディション、ね。

 

湿気悪魔の攻撃はコレ↓

湿気を吸い木の部分が変形。弦は錆び、寿命も縮まるの。

そして、匂い。臭い!

臭いということは、つまり清潔ではないってことね。

匂いの原因は汚れとか、菌やカビ、錆。

いかにも…健康に悪そうでしょう?

そうそう、バグパイプ内の菌を吸い続けて男性が死亡したニュース、見たかしら…

あぁ!末恐ろしい!!!

 

たかが湿気なんて思わず、楽器をやっているあなたは死に値すると思って湿気対策して頂戴ね。

楽器が壊れるのはもとより、あなたも壊れるから!

 

でもエルマたち、

湿度悪魔を撃退するため、いろいろと試しているのよ。

やられっ放しはダメ。

 

まずは頻繁に演奏することね!楽器にとって一番大切なことだわ。

演奏すると楽器内部の空気が入れ替わるから、湿度の上昇を抑えるるの。部屋の窓を開けるようなものね。

楽器の虫食いもされにくいし…

楽器を助ける基本はまず”頻繁な演奏”だわ!

 

そして演奏が終わった後は必ずお掃除!

楽器の汚れは虫さんの好物。乾拭きして清潔に保つの。

金管楽器は洗えるから、よく外で丸洗いしている姿を見るわ。

中から…ヘドロが出てきたのを見たことあるの。

あっ!調べないで。やばいわよ。

 

とにかく埃をつけないこと、汗を拭くことも大事ね。

これだけでも対策は十分と言えるわ。

 

でもね、演奏場所によっては空調管理ができておらず

ステージに上がってから具合が悪くなって音が出なかったり、

メンバーみんなの音程が合わなくなってしまうことがあるの。

エルマや仲間たちを呼んだ際には、

少し空調のことも気にしてあげると、より良いステージになると思うわ♪

 

会場の状況で生演奏を入れるか迷っているあなた

エルマ達は環境によって演奏する楽器を選んで、事前対策もバッチリできるわよ。

ご相談があれば

elmajesta1119@gmail.com

まで連絡頂戴な♪

それじゃエルマ、今日もステージの時間だから行くわね!

ごきげんよう、さようなら♪